スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分

獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分
栓を開けた瞬間、明るく華やかなパステルカラーの香りがあふれ出る。
グラスを口に近づけると、その香りは生き物のように鼻の奥の方へ入り込んでくる。
舌で味わう前の前戯なのか。
いよいよ口に含むと、今度は口から鼻腔に向かって香りがつき進んで行く。
口の中に広がるのは予想通り控えめな甘み。
最初は舌の周囲で透明に輝く甘みを感じ、舌全体には広がらずにさりげなく去っていく。
正直、少し肩透かしをくらった思い。
2合ほど飲んだ翌日、栓を開けると昨日の華やかであった香りが少し丸みを帯びたようである。
口の中でも、少々口内に感じられた刺激も柔らかになっている。
そして、さらに翌日。
香りはさらに柔らかに膨らみ自然に漂う。
口当たりもさらに柔らかくなり、口に含んだ瞬間に口中に流れ広がる。
そして、舌と口腔内すべてを甘くしなやかな膜で覆われる。
好みにもよるが、ある意味では完成された日本酒なのかもしれない。
ただ、このお酒と合わせられる料理となると難しいような。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご来場ありがとうございます
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

mamazo

Author:mamazo
居住地:島根県出雲市
大きいバイクに乗ってみたいというだけで、52歳にして大型二輪免許を取得。教習所に通い始めて2日目にショップに発注。
そのバイクというのがこれまた巨大かつ猛烈なパワーの持ち主の1400GTR(Kawasaki)である。
このバイクは主に超長距離ツーリング用に欧米向けに作られたものであろう。
そんなバイクを初めての大型車として乗ろうとしている自分が、本当に正気であるのか疑いたくなる。
さて、どうなりますことやら。。。
アーメン。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。