FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 北海道一周 3日目

9月17日
いよいよ北海道に上陸する。
今日の目的地は襟裳岬経由で大樹町にある宿「セキレイ館」である。

民宿を出て大間のフェリーターミナル。
大間港より函館へ
乗船後、函館方面を眺めると、なんとも微妙な空模様である。
天気予報ではあまりいい天気はのぞめそうにないが、わずかに雲のすき間から陽が射しているのがせめてもの希望。
hokkaidou_2012_17_02.jpg

今日は函館から国道278号線を海岸線にたどり、亀田半島を一周してから道央自動車道で苫小牧まで。
その先は一般道を進む。
hokkaidou_2012_17_03.jpg

あいにくの曇り空でこ駒ケ岳の姿を拝むことはできませんでした。
iPhoneを縦に取り付けていたので縦向きになってしまいました(^_^;)
[高画質で再生]

北海道2012_9_17_1 [映画]

道央道に入り、快調に走っていたらパトに追いついた。
後ろにくっついて制限速度で走っていたのですが、「車間距離を開けなさい」って叱られた(・_・;)
[高画質で再生]

北海道2012_9_17_3 [動画]

苫小牧で高速を降りて今度は国道235号線を再び海岸線に沿って南東方向に進む。
途中で236号線になり、日高で336号線となる。
ひたすら走っていたもので、どこをどう走ったのかわからないのが事実。
こんな景色があったことは確かなのであるが、ここはどこ???状態である。
どなたか教えてくださいな(笑)
hokkaidou_2012_17_04.jpg

ただただ襟裳岬を目指して進む。
遠く前方に襟裳岬らしき影はみえるものの、なかなか着かない。
やっと、到着。
hokkaidou_2012_17_05.jpg
森進一の歌でもおなじみで、オフシーズンとはいえ、さぞ観光客も多いと思いきや、駐車場に停まっているのはたった1台の車だけ。
遊歩道も一組のアベックが歩いているだけであった。
hokkaidou_2012_17_08.jpg

風も強く白波が立っている。
hokkaidou_2012_17_06.jpg

hokkaidou_2012_17_07.jpg

陽もだいぶ傾きかけてきたので早く宿まで行かなければならない。
hokkaidou_2012_17_09.jpg

襟裳岬の東側を北上し十勝方面に向かうが、だんだんと日が暮れてくる。
宿まであと10キロとなった時にはすでに真っ暗。
しかも雨が降ってきて視界も悪い。
ナビが言うとおりの道を進むのであるが、他の車はみんな直進するのに右折の指示。
言われるがまま右折するのであるが一人になると不安なものである。
道幅も広い国道ではあるが言われるとおりにするしかない。
そして、最後に国道から右折の指示が。
右折したものの、数百メートルで「目標地点周辺に到着しました。案内を終了します」と。
まわりには宿らしい建物は見えない(・_・;)
電話で確かめようと、最後に右折したところまでもどろうとしたら
道路わきに小さな看板を発見。
「セキレイ館」
危うく見過ごすところであった。
hokkaidou_2012_17_10.jpg

まずはバイクを車庫に入れさせてもらった。
hokkaidou_2012_17_11.jpg

食事はジンギスカンなべである。
写真を撮り忘れたが、美味かったヽ(^o^)丿
宿には二人連れの先客があり、食事も3人でいただいた。
話していると、どうやら一人は出雲から来ているとのこと。
こんなところで出雲の人に会うとは驚きである。

3日目の走行距離は605キロでした。
hokkaidou_17.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

遂にっ!?
あの走行マップで終了かと 思いきや?
アップお疲れ様です!
期待通りの大作になりそうですね。
旅の楽しみの一つに、出会い がありますが
まさにサプライズな出会いでしたね?
次期アップも楽しみです!

No title

最近、公私共に忙しくてなかなか更新できていません(^_^;)
次はいつになるやら。。。。

まさか、北海道で出雲の人に会うとは驚きでした。
ご来場ありがとうございます
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

mamazo

Author:mamazo
居住地:島根県出雲市
大きいバイクに乗ってみたいというだけで、52歳にして大型二輪免許を取得。教習所に通い始めて2日目にショップに発注。
そのバイクというのがこれまた巨大かつ猛烈なパワーの持ち主の1400GTR(Kawasaki)である。
このバイクは主に超長距離ツーリング用に欧米向けに作られたものであろう。
そんなバイクを初めての大型車として乗ろうとしている自分が、本当に正気であるのか疑いたくなる。
さて、どうなりますことやら。。。
アーメン。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。