FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラバ室内合唱コンクール金賞!

先週の日曜日(2012年2月12日)に、男声合唱団FREIE KUNSTとして松江で行われたプラバ室内合唱コンクールに出場した。
結果は金賞!
だが、大賞は逃した。
http://www.web-sanin.co.jp/p/xkuma/H23/taikai23/pra23.html
歌ったのは滝廉太郎作曲の名曲中のの名曲「荒城の月」
編曲は平吉殻州である。
私自身は平吉の編曲の「日本の歌」は何曲かうたったことはあるが、失礼ながら「これは!」という曲を歌ったことがなかった。
しかし、この編曲は少し事情が違う。
トップテナーやバリトンパートが主に主旋律を歌うことが多いのが男声合唱曲であるが、男声合唱の各パートが、「ここが歌いたい」「目立ちたい」という欲求を満たしてくれるのである。
原曲のすばらしいメロディーを損なうことなく、オブリガードがみごとに包み込んでくれている。
聴きようによっては、メロディーよりも周りのオブリガードのほうが主役のように感じられる部分もある。

私はバスであるが、随所に聴かせどころの主旋律があり、気持ちよく、しかも無理なく歌える。主旋律のみならず、オブリガードの部分でもそうである。
主旋律を歌うことが少ないバスにとっては、気合が入って当然。
その気合が空回りしないように歌うこと。それがまた歌い甲斐であり、気持ちのいいところである。
ともすれば、エクスタシーとはこのことなのではないかとの錯覚に陥っていたのは私だけだろうか。

これが賞状と楯である。
23th_plover1.jpg
23th_plover2.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ご来場ありがとうございます
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

mamazo

Author:mamazo
居住地:島根県出雲市
大きいバイクに乗ってみたいというだけで、52歳にして大型二輪免許を取得。教習所に通い始めて2日目にショップに発注。
そのバイクというのがこれまた巨大かつ猛烈なパワーの持ち主の1400GTR(Kawasaki)である。
このバイクは主に超長距離ツーリング用に欧米向けに作られたものであろう。
そんなバイクを初めての大型車として乗ろうとしている自分が、本当に正気であるのか疑いたくなる。
さて、どうなりますことやら。。。
アーメン。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。